携帯電話スマホは2年ごとに乗り換えするとお得

携帯電話、スマホは、2年ごとに、他社へNMPして乗り換えるとお得になる。

 

えっ、そんなのもう知っているって!?古いって!?

まぁ、そう言わずに、・・・・。さらたち流に解説します。

 

2015年は、5月1日から、シムフリー端末の販売を義務づけるそうです。

 

例年2下旬~3月末までが、携帯各社の顧客争奪戦が最もフィーバーする(激しくなる)時期なのですが、今年で、キャッシュバックなどを大盤振る舞いするのも、最後かもしれないと、一部ではウワサされていたりします。

 

なぜかって?

 

それは、端末をシムフリー化すると、他社でも使えるため、キャリアとしては、即時の解約を拒むために、違約金の増加や、しばり期間の延長をする可能性があります。あるいは、販売価格の上昇や、キャッシュバックの減少も考えられます。

 

つまり、利用者にはうれしい反面、しめつけが厳しくなるかもしれません。

 

 

まぁ、あくまでも現時点では、憶測にすぎないので、スマホ携帯の顧客の奪い合いは、今後も続くわけで、多少の条件は変わっても、これからも、2年ごとに乗り換えするとお得になるのは間違いなさそうです。

 

まずは、何も知らない方へ予習として、2年ごとに乗り換えるとお得な理由は、Docomo、au、softbank間で、料金体系が、ほぼ一緒なので、仮に、MNP一括0円の販売端末があると、最新機種が、0円で購入できてしまいます。

 

費用としては、MNP手数料2000円+税と、契約手数料3000円+税の合計ですので、手数料5000円+税くらいで最新機種が手に入ります。

 

MNPしないで、単なる機種変更だと、セール品を除き機種代10000円以上はするので、ほとんどの場合、MNPする方がお得です。

携帯スマホは、2年も使っていると、機種が古くなって、バッテリーが弱くなったり、傷になったりいろいろと、不具合が出ます。2年ごとに交換していると、こういう不具合から解放されます。

また、2年の更新期間を逃すと、次の2年後まで、しばりがあるので、計4年間も、同じ端末を使い続けることになって不具合が発生しやすくなります。その間の修理代は自分で支払わなくてはなりません。修理には10000円以上かかりますし、その時になってMNPしようとしても、2年契約の解約料として、約10000円の支払がかかります。

 

要は、2年の更新期間を逃すと、4年間は使わないといけなくなります。

 

 

その為、2年ごとにMNPする方が、常に新しい端末を使えますので、得策なのです。

 

さらに、MNPするとキャッシュバックをもらえる場合がありますので、たとえば10000円キャッシュバックだと、MNPの手数料5000円よりも多くお得になってしまいます。もっとも、販売店によっては、オプションを多数つけたり、有料アプリをつけたり、データ定額を1~3ヶ月必須にしたり、いろいろと条件がついてきますので、一概に、10000円-5000円=5000円プラスにはならなかったりします。

 

その点は、販売店の条件次第ですので、契約前に内容をよく確認しましょう。

 

それでも、MNP手続きと契約にかかる少々の手間で、2年に1回は、お得に最新機種を使うことができます。

 

これが出来るのも、各キャリアDocomo、au、softbank間で、契約プランが、ほぼ横並びで同じだからです。どこのキャリアに移っても、毎月支払う料金は、ほとんど変わらないのです。

 

たとえば、

Docomo 通話定額スマホ2700円、ケータイ2200円

au 通話定額スマホ2700円、ケータイ2200円、シンプルプランなど(1000円以下)

softbank 通話定額スマホ2700円、ケータイ2200円、ホワイトプランなど(1000円以下)

となっていて、ほぼ同じ。Docomoで電話を使う場合は、今後の契約は、通話定額のみとなります。データ専用プランは安くありますが、データ通信のみだと電話は使えません。

auやsoftbankも、通話定額は同じですが、今のところシンプルプランホワイトプランでも契約できます。最近ここだけ少し違ってきています。

けれども、一括0円で買う場合は、最新のLTE対応端末(4G)だと、通話定額+データ定額での契約が前提となります。

 

例外として、auシンプルプラン(3G)で、一括0円で契約すると、毎月の維持費は、かなり安くなります。

たとえば、少し前になりますが、auの3G端末GRATINAは、一括0円で、シンプルプランで契約できたので、ガラケーの方は、毎月の維持費が安く済みました。

 

ところで、通話定額は、スマホ携帯で、よく電話する人にとっては、ものすごくお得になるプランです。逆に、電話をあまりしない人は、維持費が高くなるだけで、あまり魅力的なプランではありません

 

これからは、毎月の維持費も考えて、MNPしないと、あまり電話をしない人は、トータル割高になってしまうかもしれません。

さて、ここからは、2015年2~3月のau→他社へMNPをする実践編(さらたちは、今auの為)として、いくつか候補を挙げたいと思います。

 

Docomo

SO-01G 一括0円 + キャッシュバック付き

SO-02G 一括0円 + キャッシュバック付き

維持費は、2年間、通話定額(2700円~)になると思います。もしくは4~7月後に、別のところへMNP。但し、この2機種は、今月2/20以降の契約分から、6ヶ月以内の短期解約や、プラン変更などで、違約金が高額になりましたので要注意です。 

参考サイト様 Docomoは、この2機種が、大安売りのキャッシュバック多め

http://decoy284.net/2014/12/27/xperia-z3-compact-so-02g-mnp-0/

 

 

au

現在さらたちは、au使用なので不可。(例:SOL26、SHL25、SCL23、SHL23、LGL23など一括0円の機種も豊富

auは、一括0円 + キャッシュバックの機種が豊富です。LTE4G端末なので、ドコモと同じく維持費は、2年間、通話定額になると思います。もしくは、4~6ヵ月後に、別のところへMNP。探せばGRATINA一括0円もあるようです。これなら3Gなので維持費は安く済みます。

参考サイト様 auは、キャッシュバック案件が豊富で、金額も多め。

http://keitai.asianmobile.org/scl23-mnp/

 

Softbank

iphone5s 辺りがキャッシュバックが多いですが、ソフトバンクも維持費は、2年間、通話定額になると思います。ドコモauと同じ。違うのは、S!ベーシック300円+税だけ高くなります(必須)。キャッシュバック次第で、いい条件があれば、ソフトバンクを使うのもありかと思います。もしくは、6~12ヶ月後に、別のところへMNP。

参考サイト様 ソフトバンクiphone5sのキャッシュバックがすごい。

http://sahara-star.net/seikatsu/?p=1973

 

ドコモ、au、ソフトバンクとも、通話定額になるので、2年間使用を前提に考えると維持費が、けっこう高くなってしまいます。反対に、よく電話する人には、維持費が安くなる。データ定額は、キャッシュバック条件達成後に、はずすこととします。

 

ワイモバイル

Nexus5 一括0円 キャッシュバックなしの条件が多いです。ワイモバイルの維持費は、通話定額(2980円~)です。月々の端末代の割引があって、1500円くらいで使用が可能です。尚、月々割引のない一括0円の所が多くなっているので、買うときは気をつけましょう。稀に高額キャッシュバックをつけてくれるところもあります。そういうところは、月々割がなく、維持費の高いプランMやL(3980円や5980円)だったりしますので、2年間使用を考えると高くなります。もしくは、3~4ヶ月後に、別のところへMNP。

 

なぜ、各キャリアで、3~12ヶ月後に、わざわざ解約料1万円近く払っても、別のところへMNPする方もいるのかというと、各社のブラックリストに乗らずに、最新端末+キャッシュバックをゲットして、維持費を最小にして、また別のところへMNPして、最新端末+キャッシュバックのゲットを繰り返したほうが、2年間維持するよりも、お得な場合が多いからです。

 

少し話は、それますが、スマホ携帯を転売してお金をもうけている「ケータイこじき」という副収入をゲットする方々もいて、そういう人たちは、一度に3~5台ほど契約して、3ヶ月~(90日~)程度の間、維持して他社へMNPして、最新端末とキャッシュバックを得ているそうです。

 

なぜ3~5台かといえば、1キャリア最大5台までしか、契約できず、最近では3台程度でも購入者登録が必要だそうで、一般の人が普通に契約できるのは、2台までに制限されています。また、90日ルール(ドコモの場合)というのがあって、90日以内に解約すると、ブラックリスト入りして、次の契約がしばらく出来なくなるそうです。他社にも同様(120日や180日)のルールがあります。

そのため、「ケータイこじき」で転売する人のほとんどは、一度に3~5台契約し、解除料を払っても、90日~過ぎたら、また別のところへMNPするそうです。こういう人は、毎月の維持費が高くなっても、関係ありません。90日後~には、MNPするのですから。

しかも、家族名義で、代理人として、契約することもあるそうで、そうすると、年3~4回、1キャリア5台、家族数人分を1年間で、何回も契約しては、MNPをしているようです。

仮に計算すると、3回×5台×3キャリア×2人とした場合、最大で年間90台の最新機種を手に入れるわけで、1台当たり、2万円の利益でも、180万円、これが1台3万円の利益だと、270万円となり、けっこうな利益になります。

 

どおりで、「ケータイこじき」が副業として流行るわけです。

 

もちろん、キャリア各社も、対策を始めていて、3台以上の契約は、登録が必要になったり、90日ルールを120日ルールや180日ルールに延長したり、ブラックリストの強化など、いろいろと行っています。複数台のMNP契約を拒否されるケースも、最近では出てきています。

○○日ルールは、何日空けたら絶対に安全ではなく、目安なので、正確には分りません。もっと知りたい方は、あまたある「ケータイこじき」を行ってる方々のブログやサイトを参考にしてみてください。

とはいえ、MNPするのが、お得といっても、一般の方が、ここまでするのは、あまりおすすめしません。

 

しかしながら更新時期となる2年毎にMNPするなら、何も問題はないと思います。さらたちは、ここ何年も、2年に1度は、必ずMNPするようにしています。

 

以前は、ドコモを7年間ぐらい、ずーと1ヶ所で長く使っていたのですが、7年も使うと、バッテリーが弱くなって、1回電話すると、メモリが1つになってしまい充電サインが出てきたり、液晶にも不具合が発生したりするようになっていました。機種本体もメッキがはがれてしまいました。

 

それで、しかたなく、7年も使った愛着ある機種から機種変更しようと思ったら、ドコモ機種は、当時20000円~30000円位しました。auは、MNP一括0円でしたので、auへ変更したわけです。手数料5000円位の支払いで最新機種になりました。契約プランの内容は、まったく一緒で困ることもありませんでした。

ドコモ7年間の明細合計は、ざっと50万円ほど支払っていました。「ケータイこじき」に言わせれば、キャリアの養分様だそうです。まぁ、ほとんどの人は、養分なんでしょう。

 

 

 

それからというもの、さらたちは、2年に1度は、MNPして最新機種に交換しています。バッテリー切れの心配もなく、年々、液晶はきれいになり、音質もよくなり、機種の性能もアップし、しかも料金プランは一緒で、MNPのデメリットは何もないのです。

時には、キャッシュバックをくれたりして、MNP手数料分も、ペイできる時もありますし、2年毎の更新月に解約すれば、解除料も0(ゼロ)だったりします。

 

 

さらたちは、今年、MNP年度なので、auから、どこかへMNPしようかと思っています。MNP後は、2年間、解約せずに使う予定なので、キャッシュバックが多いよりも、維持費の安い方が良いです。

 

au  GRATINAが維持費は安くなりそうですが、あいにく今auなのでMNPできません。その次は、Nexus5が一括0円なら、1500円/月程度で利用できそうなので、電話はそんなに話さないけど、データ1G付いていて、使い勝手はよさそうです。実質0円では意味がありません。

 

万一、それがタメなら、ヨドバシSIMが音声プランを今年の春には、発売するので、それに切り替えても良いかと思っています。この場合は、Simフリースマホにセットして、ヨドバシSimを使いたいと思います。そして、また、1~2年の間は使って、auに戻る???

まぁ、今年の5月以降は、シムフリー義務化となるので、先のことは分りませんが、もうすぐ、スマホ携帯が一年のうちで、一番お得に手に入る2月下旬~3月期末を迎えます。これは確かです。

この時期が、入学や卒業、入社や転勤など、人事異動が多く、会社の決算期で、キャリア各社は、顧客獲得のキャンペーンを盛大に行います!

もしかすると、キャリア端末を大幅に安く手に入れられるのは、今回が最後かもしれません。もちろん来年以降も、顧客獲得のキャンペーンは、継続して行うとは思いますが、・・・・。

 

 

スマホや携帯は、2年ごとに乗り換えて、最新端末を手に入れて、次の2年を充実したものにしてください。さらたちも、MNPして新しい端末を使う予定です。まだ、前の機種が使えていますが、今後のバッテリーのもちや、動作速度を考えると、あと2年先まで使うには、少々心配です。契約更新時には、忘れずにMNPして乗り換えましょう!!

 

 

完全な余談

ひとつだけ気になることがあって、町の激安ケータイショップで契約すると、店員のおにぃーちゃんにガラの悪い、いわゆるチャラい系の人が多くて、契約書に個人情報やら、クレジットカード番号やら、書くことになるので、何となく、心配になります。今まで、それが悪用されたりはしていないと思いますが、扱いがずさんな所(お店)も中にはあると思いますので、その点も考えて、MNPするようにしてください。

個人情報の転売や流用それに悪用は、建前ではないことになっていますが、表にはでないだけで、けっこう扱う人のなかには、免許証のコピーなども、たくさん集まるので、程度の低いもの(いたずら等)から悪質なものまで、流用されてしまえばそれまでです。

ガラの悪いチャラい系の人が悪いというわけではなく、お店の雰囲気から、分かりやすく、説明の前提をしましたが、色白の調子がよい人やおとなしい人でも、短期間アルバイトだったりして、いろいろと情報管理が行き届かない面もあるだろうと思われます。

ニュースにもなっていますが、面白半分に馬鹿な事をして、おちゃらけて、フェイスブック、ツイッターなどに、投稿するのまで居ますから、近年は、大変な社会でございます。情報漏洩の可能性もありますので、MNPはお得なのですが、よく考えてMNPするようにしてください。