秋葉原の千石電商で、ボタン電池を購入した続報

時計の電池交換の記事で、前に「ダイソーで、酸化銀ボタン電池sr616が売っていない」と記事にしました。

そのときは、しかたなくヨドバシカメラのインターネット通販で買いました。

 

ボタン電池1個でも、翌日には配送してくれて、助かったのですが、1個390円くらいなので、少々お高い。

 

そのとき、ネットで調べていて、秋葉原の千石電商には、1個105円で売っているかもしれないようなのを見つけて、機会をみつけて、実際に、秋葉原の店舗まで買いに行ってきました。

これが、それ。

 

SR616SW 155円 

2111 2112

 

 

 

SR927SW 155円

2113 2114

 

 

 

売っていました。だけど、105円ではなく、155円でした。ついでにSR927SWも購入しました。

 

SR920SWなんかは、1個105円で店舗でも売っていましたが、これは、少し高く1個155円でした。

 

今年になって、記事にしましたが、これは去年の話なので、今は、もう少し値上がりしているかもしれません。安いものなので、まぁ、いいでしょう。

 

千石電商の販売ホームページ

  

千石電商のホームページをみても、105円で買えるものがほとんど無くなっているので、これからも、どんどん値上げというところでしょうか。

 

2115

 

 

 

まとめ

千石電商の店舗でも、腕時計に使う酸化銀ボタン電池(SR)は、売っている。

安いのは1個105円~155円位で、おおむね酸化銀電池SRなら、全種類がそろっている感じ。品揃えは豊富。もう少し高いのもある。

 

秋葉原の本店、2号店、3号店とあるが、全部1か所にある隣同士なので、初めての人でも迷うことはない。道が分からず買いに行くならGoogleMapなどで調べてね。

千石電商

住所:東京都千代田区外神田1-8-5毛利ビル1F

 

この店は、いろいろな電子パーツを取り扱っているので、面白い。店舗は広いとは言えず、休日は人が多くいつも混んでいる。狭いのも、なんか昔風だ。

 

しかし、昔と違って、最近は、秋葉原の町の様相が変わった。近代的なビルが増えた。ジャンク系の雑居ビルの店舗はどんどん閉鎖しているようで、千石電商はそれでも残っているのは、売れているということか?

 

店の近くで、メイド服着たおねぇーちゃん達が客引きをしている。昔はメイドなんていなかった。同人誌カルチャー系のお店も増えた。昔も少しあったが、今ほど堂々と商売していなかった。

外人さんも増えた。金髪の外人さんだけでなく、特に中国人系のアジア人。中国、韓国、台湾など、アジア人で、どこかは分らない、何語かも分からないが、外国観光客が多くなった。

 

秋葉原は、他と違い、オタクの聖地。昔は電子パーツ、今は、カルチャーとで違いがあるが、時代の変化のスピード感を味わえる町だ。

 

 

話はそれたが、交通費をかけてまで、ボタン電池1個2個を買いに行くのは、電車賃などの無駄だから、ヨドバシのネットやアマゾン、楽天、yahooなどで買うべし。町歩きのついでに買うなら良いのではないだろうか。

 

 

おまけ知識

ダイソー ボタン電池(酸化銀電池)は、おおよそ2年くらいしかもたない。最初からまったく使えないものや、6ヶ月くらいで止まるものまで、当たりはずれがあった。良くて2年。2個100円のSR920は、はずれが多かった。

ヨドバシ ボタン電池(酸化銀電池)は、マクセルの金メッキだと、3~4年くらいはもつ。デジタルや高機能で、電池を消費する機種だと、短いかもしれないが、アナログ腕時計オンリーなら、100円のより長持ちする。当り前か・・・・。

 

で、今回の千石電子は、まだ確かめていないが、値段とメーカーから推測して、最大3~4年、普通で2年くらいだろうと思われる。その中間くらいかな?100円ショップのような、はずれはないことを願う。

結局のところ、ボタン電池は、使用推奨期限があるので、買いだめしたくても、そんなに出来ない。必要になったとき買うのが、一番無駄にならない。せいぜい予備で買っても、1個~2個くらいがいいところかな。たくさん使う予定があるなら買いだめしてもよいけどね。

 

そんなところで、ダイソーで、酸化銀ボタン電池sr616が売っていないの続報でした。おわり。

 

 

 前回記事 ダイソーで、酸化銀ボタン電池sr616が売っていない

http://www.ohwic.com/blog/2014/03/sr616.html