ダイソーの100円毛玉取り機が、優秀だと・・・。

 

100円ショップのダイソーに、毛玉取り機を買いに行きました。

 

他のブログやサイトでは、価格のわりに、優秀だと評判なので、ものは試しにと買ってきました。

  

大きな店舗でも、なかなか見つからないですが、3か所目の規模ふつう位の店舗にこっそり置いてありました。置いてある場所は、ベルトや、アクセサリー小物系の棚にならべてありました。

21542155 

 

 

 

さらたちが買ってきたのは、ブルーです。黄色と、ピンクもありました。

 

もう無いかなとも思いましたが、これ2015年も、売っていましたよ。ダイソーは商品の入れ替えが激しい!?ので、売り切れると、在庫を追加しないで終了するのも多いので、あって良かった。

 

つくりは、確かに100円レベルのチープさですが、100円で、モーターから全部そろえるのは、コスパが大変よろしいです。

 

 

問題は、実際に、切れるかどうかですが、アレッ、いまいち切れない。

 

単三2本は、パワーのあるものでないと、なかなか、毛玉を取ってくれないです。

 

電池残量が減ってくると、明らかに、モーター音が弱まり、切れ味が低下。つまります。

 

ちょっと、取ると、すぐにつまるので、ストレスマックスに、やっぱり100円かと思い・・・・。ヨドバシで、2000円くらいの、AC100V電源の毛玉取り機を買いなおそうかと考えました。

 

しかし、所詮は、毛玉取り機。年に数回しか使わないし、「ひげそり」の網目を大きくしただけのヤツに、お金と、場所をかけるのは、もったいない。

その他のアイデアでは、T字カミソリが良いと、他のブログやサイトに書いてあったので、それも実行しましたが、思うように取れず。断念。

 

それで、よくみると、この網目が、ネジ込で、回すとはずせます。

2156 

 

こいつを、1回~1回半くらいゆるめて、電源をONすると、けっこう、軽くモーターが回るようになります。 

 

あら不思議。モーター音も、フルパワー状態になりました。

 

内刃と、外網の摩擦が減ったのでしょうね。たぶん!

 

それで、軽く回るようになりました。切れ味が回復しました!!

 

もし、あなたも、マネする場合は、気をつけてほしいのは、網目のネジ込を2回転以上、回してしまうと、電源を入れたとき、網目が外れて、内刃が飛び出してきて、たいへん危険です。

 

また、100円なので、つくりは、雑ですから、ネジ込も、全部ちゃんと、同じように作られているとは限りません。くれぐれも自己責任で、電源入れても外れないくらいに各自、安全を確かめて、よくよく調整して、行うようにしてください。行うときは、外れてもケガをしないように、万全の注意を払ってください。

 

 

そうして、ようやく、毛玉を取りました。

洋服2枚だけが、どうしても、毛玉になって、手では取るのが面倒な程、たくさんついてました。ハサミで切るのもたいへんなのです。

 

よくあるパターンですが、

before左、after右

21572158 

 

 

ちょっと、写真の写り、色が悪いですが、同じものです。

 

毛玉の、大部分が、わりと、楽に取れました。

 

少し残ってはいますが、洋服に、密着して、くっついている毛玉は、取れないです。

 

これを無理に取ろうとすると、生地が薄くなり、穴を明けてしまうかもしれません。

 

残りは、手で取るか、ハサミで切るか、すれば、キレイになります。 

  

100円の毛玉取り機は、小さく、たびたび、つっかえるので、何回も、毛玉を捨てて、内刃を掃除して、先の通り、ネジ込を調整して、使いました。

 

洋服2枚で、だいたい30分~1時間くらいかかりました。

 

全面が毛玉の、洋服だったので、苦労しました。材質は、アクリルと綿の混紡でした。

 

今回で懲りて、洋服を買うときは、毛玉になりにくい、綿100%などを買おうと心に決めました。

しかしまぁ、そう心に決めても、デザインや価格などもありますから、それに、洗濯のしかたも影響しますから、絶対に綿100%などのみとも言えず、なんとも、毛玉は悩ましい。

 

ダイソーの毛玉取り機は、コスパは高いが、常に使うには、ハッキリ言って、性能不足です。使うのにコツも入りますし、時間がかかります。小さい面積や、洋服1~2枚が限度でしょうね。

さらたちが使ってみた感想は、こんなところでした。