イシミズむし布S(1升用)を買ったら良く無かった話

 

むし布を買ったのは、

家族が、甘酒にはまってしまい。甘酒を作るのに麹が、多量に必要となったからです。

 

しかも、年中、消費するので、麹の買いだめ保管も大変なので、自宅で麹を作ってみようと思いました。

 

後押ししたのは、インターネットで検索すると、麹を作っている方が多いです。

 

昔の人は、わりと麹を作っていたのです。なぜならば、味噌づくりには、麹がかかせないからです。

 

麹作りの話は置いといて、むし布の話。

 

むし布は、何を買おうかと思った時に、イシミズのむし布が目に留まりました。

これが、その、むし布です。 

 

2304 イシズミのむし布s 1升用

  

  

2305 裏には何もない

  

  

2306 綿100%の日本製。しかも、食品衛生法適合品。どんぴしゃ!

  

  

1升用45×45cmと大きさがちょうどよく、2升用66×66cmなどの種類もあるが、大きすぎても、お米を蒸すだけだから、必要ない。

材質は、綿100%

製造は、日本製

しかも、食品衛生法適合品との表示でした。

 

まさに、言うことなし。

 

で、さっそく購入して、使ってみたわけですが、・・・・。

  

良く無かった点として、

縮むのが早い。今35cm×35cmくらいのサイズに縮んでしまいました。

麹を作ると、こびりつく、洗っても落ちない。米を蒸すだけにしたほうが良いかも・・・・。編み目が広いから、落ちやすいかとも思ったが、そんなことはなかった。

ほつれる。綿100%の糸で出来ているので、糸が切れてほつれて来ます。

 

結局は、新しく綿さらしを買って使っています。麹作りには、さらしのほうがあっているようです。さらしも、こびりつきます。そこは諦めました。

 

たまには、使ってみて良く無かった話をしてみました。1升くらいの麹作りには、イシミズのむし布は合わないという経験をシェアできれば良いのです。

 

以上、さらたちからのレポートでした。